大阪のアダルトモデルプロダクション求人の掲載数が多い!

Home / 大阪のアダルトモデルプロダクション求人の掲載数が多い!
6 Posts

アダルトビデオの収録場所は常に世間の関心ごと
アダルトビデオ収録場所
プロダクションに面接を受ける時に緊張し、宣材写真を撮る時にも緊張し、さらに始めての収録の時には

「乱暴なプレイをされないだろうか?」、「監督やスタッフの期待に応えられるだろうか?」、「可愛く映れるだろうか?」など、色々な不安があることでしょう。

そのような不安を払しょくするためには、実際に収録を行ったアダルトビデオモデルに収録場所の様子や雰囲気を聞くのが一番です。

アダルトビデオの収録場所ではどのように収録が行われているのか、ということは常に世間の関心ごとであるため、元アダルトビデオモデルや現役アダルトビデオモデルはよくインタビューの中で収録場所について言及しています。

ここでは、彼女たちの発言を元に、アダルトビデオの収録場所の実態に迫っていきましょう。

アダルトビデオモデルの出演本数と収録前日までの流れ
アダルトビデオ収録場所
アダルトビデオモデルはプロダクションに所属すると、メーカーのオファーに応じてアダルトビデオに出演します。

単体アダルトビデオモデルの場合には、メーカーと契約している期間中は、基本的に毎月1本のペースで収録をこなしていくこととなります。

企画モデルならば、月の出演ペースはそれぞれのモデルの裁量に任されることになります。

他に正業を持ちながら副業としてアダルトビデオモデルをしている企画モデルならば週末だけアダルトビデオ出演するケースが多いでしょう。

アダルトビデオ収録場所
専業の企画単体モデルならば、人気アダルトビデオモデルになれば毎月20本も出演しているアダルトビデオモデルもいます。

兼業の企画モデルの大学生などの場合には月に3本程度であり、専業の場合には月に5本程度が平均的な出演本数となります。

収録に至るまでの流れには一定のものがあります。

まずはメーカーから出演依頼が来なければ話になりません。

出演依頼が来て、尚且つアダルトビデオモデルが受諾して始めて収録が行われます。

アダルトビデオ収録場所
そして監督面接を行い、作品の内容についての打ち合わせを行い、そのほか日程を調整すると、集合場所と時間はプロダクションを通じて連絡が行われます。

収録内容を聞いて「自分には無理だ」と判断した場合にはもちろん断ることもできますが、詳しい脚本は早くとも収録前日の夜に見ることとなります。

前もってFAXなどで脚本が送られてくることもあるのですが、そのような用意周到な収録はあまりないと思ってよいでしょう。

ここまでが収録前日までの流れとなります。

収録当日の集合時間
アダルトビデオ収録場所
収録当日の流れを確認していきましょう。

アダルトビデオの収録は多くの場合2日を掛けて行い、短いものになると1日で全ての収録を済ませる流れとなります。

そのため、収録当日の集合は朝の8時や9時、あるいはもっと早い時間等に掛けられます。

アダルトビデオモデルの中には地方在住であり、収録の時にだけ上京すると言うアダルトビデオモデルも少なくないです。

アダルトビデオ収録場所
しかし、このような遠隔地に住んでいるアダルトビデオモデルは収録前日に都内入りし、プロダクションのオフィスやビジネスホテルに宿泊し、翌朝の集合時間に対応できるように待機しておきます。

集合場所はスタジオではなく、一般的には新宿駅付近のビル前等になることが多いです。

これはアダルトビデオの30年の歴史の中で変わることない伝統と言えるものです。

これらの場所に制作会社が大型車で待機しており、アダルトビデオモデルはもちろんのことメイク、照明、スチールカメラマン、アダルトビデオ男優などの収録に携わるスタッフたちを拾います。

業界を通じて集合場所は新宿駅周辺のビル前と決まっており、さらに集合時間もそれほど大差ないため、何社もの大型車が同じようないでたち、同じような場所で待機しているのを見ることができます。

アダルトビデオ収録場所
アダルトビデオモデルなどの風俗関係者に対してだらしない印象を抱いている人が少なくありません。

しかし、昨今のアダルトビデオモデルには常識が求められるため、時間厳守で遅刻などは一般社会同様“ありえない事”として扱われます。

したがって、朝が弱いアダルトビデオモデルでも早朝の集合時間に遅れることは許されません。

スタジオってどこなの?
アダルトビデオ収録場所
アダルトビデオ収録が行われるスタジオは、普通の収録ならば都内にあるスタジオをレンタルして行われるのが普通です。

しかし、一軒家を全て使う収録や、バスや電車での痴漢もの、病院での看護師ものなどの特殊なシチュエーションでの収録を行う場合には、都内はずれや埼玉県・千葉県といった場所のスタジオを借りて収録することもあります。

ちなみに、アダルトビデオ収録のスタジオというといかがわしいイメージを受けるかもしれませんが、これらの貸しスタジオはアダルトビデオ以外の色々な収録でも使われています。

アダルトビデオをよく見る人ならば、カラオケのムービーで登場するスタジオを見た時に「あっ!このスタジオアダルトビデオでも観たことある!」となるかもしれませんね。

アダルトビデオ収録場所
移動のための車は制作会社の大型車を用い、移動中の車内では脚本やスケジュールについての相談や雑談を行います。

めちゃイケなどのバラエティ番組ではロケバス内の模様が収録されることがありますが、これのカメラが入っていない様子を想像すればよいでしょう。

車内で雑談すると言えば、新人アダルトビデオモデルは「移動中に何を話せばいいのだろう、緊張するなぁ」と思うでしょう。

しかし、新人アダルトビデオモデルに対しては車内でも収録場所でもマネージャーが同行していることがほとんどであるため、あまり心配はいりません。

アダルトビデオ収録場所
半年以上のキャリアを積んだモデルや、半年以内でも出演本数が多いアダルトビデオモデルの場合にはマネージャーの同行もなくなります。

収録場所に同行するのは場所スタッフのみですが、このときにはすでにアダルトビデオ関係者たちがアダルトビデオモデルを大切に扱います。

色々と気遣ってくれると言うことが分かっているため、大抵問題ありません。

スタジオに到着! ~アダルトビデオモデルの準備の様子~
スタジオなどの収録場所に到着したら、いきなり収録が始まるわけではありません。

まずは収録場所まで同行したメイクさんによって、メイクルームでメイクが行われます。

メイクルームはメイクをする部屋であるのと同時に、アダルトビデオモデルの控室でもあります。

収録費用の関係で小規模なスタジオしか確保できなかった場合、あるいは作品のコンセプトによっては、控室でも収録を行うことがあります。

しかし、基本的にはメイクルームは男子禁制の空間となります。

アダルトビデオ収録場所
メイクさんがメイク道具を広げ、アダルトビデオモデルは鏡の前に座ってメイクを施されることとなります。

そして、収録中以外はアダルトビデオモデルは控室であるメイクルームで待機し、メイクさんも同じ部屋で待機することとなります。

メイクさんは他の収録スタッフに比べるとより多くの時間をアダルトビデオモデルと一緒に過ごすこととなります。

そのため、メイクさんがアダルトビデオモデルの食事の確保や体調の管理などの世話を行うことも多くなります。

また、アダルトビデオモデルは気心の知れたメイクさんに対しては収録の際の不満などをこぼします。

アダルトビデオ収録場所
そのため、監督の中にはメイクさんと積極的にコミュニケーションをとることによって、場所の不満や至らない点などをチェックする人もいます。

メイクの段取りは、収録によって異なります。

事前にモデル自身でメイクをしてくるように要求されることもあり、そのような場合には事前にメイクをしておく必要があります。

しかし、そのようなケースはイレギュラーなものであり、一般的には収録当日にメイクさんからメイクとヘア・スタイリングなどを施されます。

この場合に面白いのが、新宿駅周辺の集合場所にはアダルトビデオモデルがスッピンで集まると言うことです。

このため、出演するアダルトビデオモデルを探してくるように指示された新人ADなどが、スッピンとメイク後のモデルの顔があまりにも違うためにモデルを探すことができず、違う女性に声をかけてしまうことがあります。

アダルトビデオ収録場所
このようなことも、“アダルトビデオあるある”として知る人ぞ知る笑い話です。

素顔で来たアダルトビデオモデルは、収録場所に到着してメイクルームが確保され次第、まずシャワーを浴びるか洗顔を行い、その後メイクです。

また、絡み(挿入を伴う収録)が行われる前後には必ずシャワーを浴びるのが習慣で、忙しい収録では収録の合間のシャワーの時間までしっかりと決められています。

ちなみに、多忙な企画単体モデルや元々肌が弱いアダルトビデオモデルは、絡みの度にシャワーを浴びることによって免疫が落ちていきます。

そのため、体調を崩すこともしばしばあるということも知っておくとよいでしょう。

ちなみに、一つの作品に何人ものアダルトビデオモデルが出演するような収録では、一つのメイクルームに複数のアダルトビデオモデルが待機することとなります。

彼女たちは雑談やゲームなどをして休憩時間を過ごしています。

スタジオに到着!2 ~アダルトビデオ男優はどうしてる?~
アダルトビデオ収録場所
アダルトビデオを見たことがあれば、単体作品ではシーンごとにアダルトビデオ男優が変わっているのを目にしたことがあるかも知れません。

「一回の収録で何人もの男優さんと絡まなければならないの?」と思っている人もいうでしょう。

その通り、アダルトビデオモデルの出演が1名だけの作品でも、アダルトビデオ男優は2~3人出演するのが普通です。

収録スケジュールに合わせて、最初からスタジオ入りしていて自分の出番が終わったら帰ったり、途中でスタジオ入りして自分の出番にだけ出演したりします。

ちなみに、アダルトビデオモデルが主役であるアダルトビデオ収録では、アダルトビデオ男優は役者というよりはスタッフとして扱われています。

そのため、控室も男優のための控室というものはなく、場所スタッフと一緒に収録場所に待機しているのが一般的です。

収録本番に向けて
アダルトビデオ収録場所
収録のためにアダルトビデオモデルがメイクなどをしている間、そのほかの場所スタッフは収録シーンを作り上げるためにスタジオのセッティングを行います。

単体作品を1本作るためには、10以上のシーンを収録するのが一般的であるため、一回の収録にいくつもの部屋やスタジオを使うのが普通です。

しかしながら、制作費用の中でもスタジオ代は大きなウェイトを占めるため利用時間の超過は何としても避けなければいけません。

そのため、スタッフたちは戦争のような忙しさでセッティングを行わなければなりません。

特に、ドラマもののアダルトビデオではシーンが多くなるため、時には20シーン以上のシチュエーションをセッティングしなければならないこともあります。

いよいよ収録本番! ~休憩時間の小噺~
アダルトビデオ収録場所
アダルトビデオモデルのメイクも終り、スタジオのセッティングも完了すればいよいよ収録本番です。

収録はシーンごとに分けて行われ、一つのシーンの収録にかける時間は短くて20分、長ければ90分以上の時間がかかります。

例えば、特定のアダルトビデオモデルを主役にして収録している単体作品では、冒頭やチャプターの間に、男優との絡みは全くなくアダルトビデオモデルの着衣姿や裸体が映し出されるイメージシーンが挟み込まれているのが普通です。

そのようなイメージシーンは20分程度の収録になることがあります。

アダルトビデオ収録場所
また、アダルトビデオモデルとアダルトビデオ男優の絡みのシーンは、1シーンあたり15分や20分しか収録されていないことが多いです。

しかし、実際には1時間以上収録し、その後の編集によって魅力的な映像を抜き出して短くしているのがほとんどです。

1シーンの収録を終えたアダルトビデオモデルは、一旦メイクルームに戻ります。

絡みを収録した後ならばシャワーを浴び、メイクを直し、衣装を着替え、必要ならば軽食を取ります。

この軽食とはスナック菓子やジュースなどです。

アダルトビデオ収録場所
過酷な肉体労働をこなすアダルトビデオモデルは昼食などで弁当を食べる以外にも軽食を口にすることでカロリーの補充を行い、収録を乗り切ります。

そのため、これらの軽食はアダルトビデオモデルのやる気に関わる重要なものです。

買い出しを行う新人ADはアダルトビデオモデルが好みそうなスナックを買わなければならないため、責任重大です。

ちなみに、この時にはタバコを吸うアダルトビデオモデルが多い(アダルトビデオモデルの喫煙率は異常に高い)です。

これは「アダルトビデオ男優の精液を口に出されると、そのマズイ味をごまかせるのはニコチンしかないから」です。

アダルトビデオ収録場所
アダルトビデオモデルは映像の中では精液を口で受け止めて恍惚として表情を見せていますが、実際にはあんなものがウマかろうはずはありません。

特にアダルトビデオ男優は理想的な精液の色を出したり、精液の量を増やすためにも亜鉛のサプリメントなどを飲んでいることから、その味は強烈であるといいます。

だからこそアダルトビデオモデルの喫煙率が異常に高いというのも、“アダルトビデオあるある”のひとつです。

さて、シャワーを浴びたりメイクをしたり、というと悠長に聞こえるかも知れませんが、収録するシーンの数から考えてもそれほど時間に余裕がないのは明白です。

アダルトビデオ収録場所
通常20分程度の休憩しかなく、衣装や髪形が変わる時にはもっと忙しくなります。

ドラマもののアダルトビデオでは人妻、女子高生などの一貫したキャラクターがあるためそれほど衣装の変更がなくなります。

いよいよ収録本番!2 ~あのシーンって演出?アドリブ?~
アダルトビデオ収録場所
収録の形態は、収録内容によってそれぞれ異なります。

例えばスタッフの人数にも大きな違いが現れ、最も顕著な例を示すならば、ハメ撮りではアダルトビデオ男優がカメラを以て収録を行うこととなり、収録する部屋はアダルトビデオモデルとアダルトビデオ男優が二人きりになります。

これに対して、ドラマものの収録などではスタッフが全員それぞれの持ち場について収録が行われます。

次に収録の内容についてどのような指示が与えられているのか、気になるところでしょう。

絡みの際にアダルトビデオモデルやアダルトビデオ男優から発せられる言葉や行為の数々は明確に決められているのだろうか、自分は記憶力がよくないから、あまりにも細かいならば不安だな、と思うことでしょう。

アダルトビデオ収録場所
たしかに、ドラマシーンやイメージシーンは細かい脚本が作られ、指示もはっきりとしています。

例えば人妻もののドラマシーンでは、絡みに至るまでの妻と夫の会話などが細かく設定されています。

そのため、俳優さながらにそれらのセリフを覚えていなければなりません。

(演技力は「なくて当然」と認識されているため、演技力のなさはそれほど気にしなくて大丈夫です)

アダルトビデオ収録場所
イメージシーンにおける数々のポージングなども細かく設定されています。

どのような表情やポーズを行うか、どのタイミングで開脚するのかなどが明確に支持されます。

しかし、絡みの際には大まかな流れや指示が与えられるだけです。

その指示に従い、アダルトビデオモデルとアダルトビデオ男優はアドリブで、息を合わせて魅力的な映像を作りだしていきます。

難しいとされるのが淫語や痴女を演じることです。

経験を積んでいるアダルトビデオモデルやセンスのあるアダルトビデオモデルならばうまく淫語や痴女をこなし、そのジャンルで頭角を現すこともあります。

アダルトビデオ収録場所
しかし、多くのアダルトビデオモデルはこれをアドリブで演じることを難しく感じています。

それだけに、熱心なアダルトビデオモデルになると、有名なアダルトビデオモデルの痴女ものや淫語ものなど、自分が苦手とするジャンルのアダルトビデオを何本も観賞して演じ方を学びます。

通常の絡みでも、場所になれない新人アダルトビデオモデルの場合にはうまく絡むことができません。

何度もカットが入って取り直しを行わなければならず、辛い思いをすることもあることでしょう。

しかし、新人のアダルトビデオモデルに対しては、監督やアダルトビデオ男優がリードしながらうまく収録を進めていくのもよくあることなので、過剰に心配する必要はないでしょう。

アダルトビデオ収録場所
ドラマものアダルトビデオの対極にあるのがドキュメンタリーもののアダルトビデオです。

ドキュメンタリータッチのアダルトビデオになると、ドラマものに比べてシチュエーションがはっきりしている必要がなくなります。

そのため、脚本には大まかな流れのみが記載されていることが多くなります。

このような作品では、経験豊富なベテランモデルならば監督が求める内容をアドリブで魅せていくことができるため、完全なアドリブで収録がスムーズに進むこともよくあります。

一方新人アダルトビデオモデルにはこのような技量を求めることは当然ながら難しいため、休憩時間ごとに監督と打ち合わせて内容を決めていくこととなります。

ドキュメンタリーものに関わらず、そのほかの単体作品ではインタビューが収録されることがよくあります。

アダルトビデオ収録場所
このインタビューではアダルトビデオモデルのセリフが細かく決められていることはほとんどなく、本番中に実際にインタビューを行っているものがほとんどになります。

饒舌なモデルであればインタビューはサクサクと進み、モデル自身も視聴者が求める内容を考えながら上手に受け答えできるため、アドリブで良いインタビューに仕上がります。

しかし、口下手なアダルトビデオモデルならば質問に対して「なんと答えるべきなのだろう?」などと考えて答えに詰まってしまうこともしばしばです。

そのような時には一旦カメラを止めて監督と打ち合わせをし、受け答えを方向付けて収録が行われることとなります。

収録終了から解散まで
アダルトビデオ収録場所
前述の通り、収録に掛かる時間は短いものならば1日、単体作品では2日になることもあり、場合によっては3日に及ぶこともあります。

しかし、1日で終わる場合でも3日欠ける場合でも、普通どちらも等しく丸一日を収録に費やすこととなります。

とくにこれまでも見てきた通り、新人アダルトビデオモデルの収録ではカットが入ることも多いため、収録全体を通して多くの時間がかかることとななります。

そのため、深夜0時を回ってもなお収録が続くハードスケジュールになることも珍しくありません。

そして、これまた前述の通りスタジオ代は高いもの。

アダルトビデオ収録場所

収録が終わればスタッフたちはそそくさとスタジオのセットを片づけます。

その間にアダルトビデオモデルはシャワーをし、衣装を脱ぎ、休憩したり他の共演者やメイクさんと雑談しながら撤収が終わるのを待ちます。

撤収作業が終わり、セットなどの道具を全て車に積み終わると、スタジオに来た時と同様にスタッフもアダルトビデオモデルも車に乗って帰ります。

企画単体モデルや企画モデルならば集合場所で解散となることが多いです。

しかし、深夜まで収録していたためすでに終電がなくなっていたり、アダルトビデオモデルの自宅や宿泊場所やプロダクションが集合場所に近ければ、そこまで送り届けてもらいます。

アダルトビデオ収録場所
また、単体モデルはさすがに待遇が一級であるため、自宅までプロダクションが送り迎えをするのが普通です。

また、2日以上の収録の際にも、1日の収録が終わるたびに一旦解散し、翌日再び集合してスタジオに行くという形になります。

ただし、遠隔地や海外で収録をしていた場合などは1日ごとの解散をすることは不可能であるため、収録期間中を通してスタッフたちと過ごすことになります。

解散後、アダルトビデオモデルはプロダクションやマネージャーに電話を入れ(マネージャー同伴の場合には不要)、収録が終了した事を伝えます。

電話をして始めてその日の仕事は終了です。

アダルトビデオ収録場所
派遣のアルバイトをしたときには、アルバイトが終わり完了報告を行ってその日の報酬を確定するものですが、それと同じようなものです。

また、単体モデルは1本当たりの報酬が決められています。

そのため、収録にかかった日数にかかわらず一律の報酬が支払われますが、企画単体モデルや企画モデルは日当の計算になります。

つまり、1日当たりの日当が5万円の企画モデルが2日撮りを行えば、その作品の出演では計10万円の報酬が支払われることとなります。

ギャラの支払いは1ヶ月以上後になるのが普通です。

アダルトビデオ収録だけではない!パッケージ収録も大切な仕事
アダルトビデオ収録場所
アダルトビデオ収録をし、解散後にプロダクションかマネージャーに連絡を入れればそれで仕事は全て終了かといえばそうではありません。

映像の収録と同じくらいに重要なパッケージ収録が残されています。

パッケージ収録の段取りには二通りあります。

アダルトビデオ収録当日にまとめてパッケージ収録も済ませてしまう場合と、アダルトビデオ収録とは別の日にパッケージ収録のみを行う場合です。

パッケージ写真はそのアダルトビデオの魅力をその写真1枚でユーザーに向けて発信する重要なものです。

アダルトビデオ収録場所
そのため、アダルトビデオ収録よりもパッケージ収録が先に行われるというのは稀なことです。

アダルトビデオ収録当日にまとめて行う場合には、スチールカメラマンのみでの収録となります。

また、パッケージの制作はその専門の業者に委託することはあまりありません。

メーカーのプロデューサーの管轄下であり、プロデューサーが同席したうえで収録が行われることが多いです。

アダルトビデオ収録場所
V収録とパッケージ収録が別の日に行われるケースとして多いのは、単体モデルや人気の企画単体モデルなど、パッケージがユーザーの購買意欲に深く関係してくるような作品です。

パッケージはアダルトビデオ作品の顔であり、第一印象となるところです。

アダルトビデオ以外の作品でも購買意欲を刺激するようなデザインは常に大切とされるものであり、これはアダルトビデオでも同じことです。

極端に言うならば、せっかく可愛いモデルが出演しているにもかかわらず、パッケージ写真が変顔ならば売上は大幅に落ちるでしょう。

また、アダルトビデオモデルの武器となるパーツなどを強調するようなパッケージを乗せなければ、売上に大きな影響を与えることとなります。

パッケージ写真は非常に大切なものなのです。

アダルトビデオ収録場所
このようにパッケージに力を入れる場合には、アダルトビデオ収録とパッケージ収録が別の日に行われます。

パッケージが収録が行われるのは都内のスタジオであり、アダルトビデオモデルはマネージャーと一緒にスタジオに赴き、半日もの時間を費やします。

パッケージ写真とはいっても、収録するのはパッケージに掲載する写真だけではありません。

それはもちろんのことですが、そのほかにも作品のプロモーションのための写真なども同時に収録していくことになります。

上記の通り売上を大きく左右する写真となるため、VTRの収録よりもメイクや衣装にはこだわって、多くの時間がかけられます。

また、一つのポーズを収録するにしてもすぐに済むということはなく、同じポーズ・同じ衣装で1時間以上の収録をすることも珍しくありません。

アダルトビデオ収録場所
それほどにこだわり抜いた写真なのですから、可愛くて映って当然とも言えます。

悪く言うならば、それほどかわいくないアダルトビデオモデルがこだわりの技術で非常に可愛くパッケージに映ってしまったことによって、それを見た視聴者からは「パッケージでは可愛いのに実物はブサイクじゃないか!」という意味を込めて“パケ写詐欺”と叩かれることもあります。

このようにパッケージ収録はそれほど難しいイメージがないかもしれませんが、かなり過酷な労働と言えます。

アダルトビデオモデルたちの声を聞いてみても、「アダルトビデオ収録は楽しいしそれほど疲れることはない、でもパッケージ収録だけは本当に嫌い」とする声や、「実物より何倍もキレイに撮ってもらえるから嬉しい。でもそれだけ大変な仕事で、初めはパケ1枚のためにこんなに撮るのかと驚いた」などの声があります。

アダルトビデオ収録場所
また、マネージャーはパッケージ収録を前日に控えたアダルトビデオモデルに対して、少しでも良い写真を撮るために前日は食べ過ぎに気を付けて睡眠時間をたっぷりととり、コンディションを整えて収録に挑むようにアドバイスすることが多いようです。

以上のように、アダルトビデオ収録とパッケージ収録がどちらも完了して、初めてアダルトビデオモデルが行う仕事は全て終りとなります。

しかし、アダルトビデオモデルが全て仕事を終えたからと言ってすぐにアダルトビデオが発売されることはありません。

それ以外にもアダルトビデオモデルが直接かかわらないところでVTRの編集、モザイク処理、宣伝など色々な手が加えられて、初めてアダルトビデオが完成します。

関西(大阪 難波 十三 梅田 日本橋,京都,福原,奈良)の殆どのアダルトビデオモデルプロダクションの求人情報が掲載されていますね

http://www.vigor-kansai.com/model-production.html

関西(大阪 難波 十三 梅田 日本橋,京都,福原,奈良)のアダルトモデルプロダクション求人の掲載数が多い!

関西(大阪 難波 十三 梅田 日本橋,京都,福原,奈良)の大手は大体網羅されているみたいです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です